医師と患者の関係とは

医師の信頼について

予備校

医師の適正な評価を下す事

医師の適正な評価は患者が行います。患者から適正な評価を受ける事が出来ない場合は彼らからの信頼や信用を失い、苦しい状況に陥ります。しかし、患者に対して過度に迎合すべきではないです。大切なのは患者としっかりとコミュニケーションを取り、医療サービスを提供する事です。それを行っていればより多くの患者から適正な評価を受ける事が出来ます。これを良いものにするためには相手の声やニーズに耳を傾け、医師としての業務をこなす事です。当たり前の事を当たり前に行っていれば良い結果は自然についてきます。患者の主観があるため難しいものですが、まじめに日々の業務を行っていれば本人にとって悪い環境になるケースはないです。目に見えにくく数値化しにくいものであり、特定の人間の主観で大きくそれが低下する事もありますが、粘り強く努力を継続する事で回復させる事も出来ます。それは本人の意欲や周囲の環境によって大きく変化するのでそのような部分は大切にすべきです。

適正について知るべきこと

医師の適正にはさまざまなものがあります。そもそも医者と一言に言っても、さまざまな科や分野があります。そのため、その分野によっても求められる能力は異なります。頭の良い人が医者になるというイメージを持っているかと言えますが、最低限の学力は当然必要となります。それ以上に必要な医師の適正というのは、コミュニケーション能力です。患者から話を聞いて、さまざまな説明を相手に分かりやすく伝えるというのは実は非常に難しいことです。このコミュニケーション能力が欠けていると、患者や周囲のスタッフ、看護師からの信頼も無くなってしまいます。医療というのは、個人の技術だけではなく周囲との協力も必要となります。そのため、コミュニケーションは重要な能力となるのです。また、患者との意思疎通もですが、看護師や医者同士の意思疎通や連携も大切です。相手にうまく説明できなくて手術が失敗したり、治療がおろそかになってしまうと信頼だけではなく、患者の命に関わることもあると言えます。

↑PAGE TOP

© Copyright 医師と患者の関係とは. All rights reserved.